UPDATES


 

 

最新状況 

 

🦁最新の情報は、Blood Lionsの各オフィシャルSNSページで随時更新されています(英語のみ)。

BLOOD LIONS オフィシャル FACEBOOK/ INSTAGRAM/ TWITTER 

 

🦁2022年8~9月 【環境省によるもう一つの戦略文書「ジビエ肉戦略」】

森林水産環境省は7月に公開した白書草案とは別にもう一つの戦略文書「ジビエ肉戦略」を同時期に発行しており、白書が最終的にまとまるよりも早く8月中にパブリック・コメントの募集を打ち切りました。この内容についての批判と懸念が強まっています。  

★英文記事「ライオン飼育繁殖産業ー 段階的廃止の瀬戸際に立つ南アフリカ」(2022/8/18/SA People News)

 

🦁2022年8月  【IKSHAカウンシルによるプレスリリースの発表】

8月10日「世界ライオンの日」に合わせ、南アフリカの伝統的祈祷師(Indigeneous Healer)たちから成る協議会(IKSHA Council)は7月に公開された政府の白書案の内容を受け、南アフリカ政府に抗議の意を示すプレスリリースを発表。7月22日から8月22日までの「獅子座の季節」にも当る1か月間を、ライオン及びアフリカの遺産動物たちのため「喪に服す一か月」とするよう呼びかけました。*IKSHA = Indigenous Knowledge Systems for Heritage Animals (遺産動物を守るための先住民族による知識体系)

 

🦁2022年7月 【南ア政府による「南アフリカの生物多様性の保全と持続可能な利用に関する白書案」公開】 

7月8日、森林水産環境省(DFFE)は保護政策を改訂するための白書案(“Draft White Paper on the Conservation and Sustainable Use of South Africa’s Biodiversity”)を公開。国民からの意見公募(パブリック・コメントの募集)および利害関係者(動物福祉/産業部門)とのフォーラムを実施。*パブリック・コメントは9月10日まで受付中。

★DFFE/白書案・全文(PDFファイル/英語のみ)

 

🦁2022年6月 署名キャンペーン #CANCELCAPTIVITY 日本からもご協力をお願いします!

 

🦁2021年9月 【南部アフリカ観光サービス協会によるガイドラインの発表】

南部アフリカ観光サービス協会(SATSA: Southern Africa Tourism Service Association) の取り組みにより、観光における飼育動物との関わり方についての指針・倫理規定がまとめられました。この新たなガイドラインによって、南アフリカにおける「子ライオンとの触れ合い」や「ライオンとの散歩」などを提供する観光事業は、観光客が避けるべき活動のカテゴリーへと明確に区分されました。

★SATSA/ガイドライン(PDFファイル/英語のみ)

★SATSA/野生動物と関わる観光活動においての意思決定ツール(PDFファイル/英語のみ)

 

🦁2021年5月 【南アフリカ政府によるライオン飼育繁殖産業の廃止に向けた声明】

南アフリカ政府は、ライオンの飼育繁殖と骨取引、及び関連の商業活動を全面的に禁止していくとの声明を、初めて発表しました。

★英語情報  Blood Lionsチームによる概要ドキュメント(PDFファイル/英語のみ)。

★日本語情報例(関連記事)「南アフリカ、ライオン飼育繁殖産業を廃止へ 法制化がカギ」(2021/5/8/ナショナルジオグラフィック) 

 


 

現在、8000から1万頭にも及ぶとされる数の肉食動物が、南アフリカ全土にある300箇所以上のプレデター(肉食獣)飼育施設の、小さな囲いの中で飼育されています。これらは商業目的の飼育繁殖であり、野生保護を目的としたものでないことは、野生動物保護の専門家たちの間では世界共通の認識となっています。 

 

南アフリカでライオンをはじめとする肉食動物を扱う施設のほとんどが実は、缶詰狩り、骨取引、子ライオンとの触れ合い、ライオンとの散歩、ボランティアツーリズムを含む様々な活動のために野生動物を飼育し、それを利用する商業施設です。更に南アフリカのライオン飼育繁殖事業においては、人獣共通感染症(動物と人の間で相互に伝播する感染症)によって数千人単位の観光客、産業従事者、地域社会に深刻な健康リスクをもたらすことを示唆する科学的証拠が増えており、懸念が高まっています。 

 

 

映画『ブラッド・ライオンズ』は2015年に南アフリカをはじめ欧米で公開されました。その後、製作チームは国内外でのキャンペーン活動を展開し、南アフリカのプレデター飼育繁殖の状況改善に向けた取り組みに貢献し続けています。